今週のタングステン市硬直維持-2022年11月18日

2022年11月18日のタングステン市況

今週のタングステン価格は主に安定して運行し、市場需給のファンダメンタルズの情報はしばらく明らかに改善されず、消費端は持続的に圧力を受け、原料端はコストと重要な鉱物属性を考慮して市場志向を高め、市場現物の投入は膠着状態を維持した。

マクロ面では依然として揺れが多く、疫病予防・抑制措置の調整はある程度経済修復に有利であるが、初期段階では人々の心理状態はまだ調整周期にあり、入市・流通は依然として様子見が多い。週内の人民元の激しい変動が注目を集め、11月17日現在、人民元の対ドル為替レート中間価格は7.0655となり、週明けの7.0899から244ベーシスポイント上昇し、月初めの7.2081から1426ベーシスポイント上昇し、市場経済の景気度と輸出入情勢の予想は慎重だった。外部インフレリスクと景気後退圧力は依然として続き、世界的なエネルギーと食糧危機、そして通貨緊縮措置は、全体の外需予想を抑制し、10月のユーロ圏CPIは前年同月比10.6%、前の値は9.9%で、前年同期比の伸び率は過去最高を更新した。

タングステン精鉱市場では、高品位報盤は10.9万元/トンの位置に硬直し、貨物商の安定志向が増加し、下流末端顧客の自発的な入場意欲は限られ、場内の成約商談は依然として硬直している。

APT市場では、主流の重心は新たな大型タングステン企業長リストのオファーを参考にして、短期的には16.5万元/トン前後で調整され、市場のファンダメンタルズは多空ゲームで、資金面は一定の圧力を受けており、参加者は慎重に様子見ムードが強い。

タングステン粉末市場では、現物商談価格は253元/kg前後に硬直しており、硬質合金企業の販売圧力は原料市場に伝導され、一部は利得照会書を譲られたが、全体的な取引のフィードバックはまだ明らかにされておらず、業者は随行して情報面の変動を見ている。

2022年11月18日タングステン製品価格総覧

2022年11月18日タングステン製品価格総覧

黄色の酸化タングステン画像

黄色の酸化タングステン画像

Leave A Reply

旧版