被覆ガラス用セシウムタングステン青銅粒子

セシウムタングステン青銅粒子は、優れた近赤外遮蔽性能と可視光透過性能のため、コーティングガラスの製造によく用いられる。被覆ガラスの製造過程において、セシウムタングステン青銅ナノ粒子は最初にナノセシウムタングステン青銅水分散液中に存在する。うん、セシウムタングステンブロンズコーティングガラスの製造方法を知っていますか。

詳細については、

http://cesium-tungsten-bronze.com/japanese/index.html

被覆ガラス用セシウムタングステン青銅粒子

一部の専門家は水熱法を用いてナノセシウムタングステン青銅水分散体を合成し、分散体中のセシウムタングステン青銅粒子を表面改質し、有機液体媒体中に分散して安定な有機相分散体を形成する。次いで、これら2種類の分散体をそれぞれ樹脂とブレンドし、ガラス基材上に塗膜を得、すなわち良好な断熱性能を有するナノ複合コーティングガラスを製造した。専門家たちはまた、セシウムタングステン青銅粒子の有機液体媒体中への分散に対する変性プロセスの影響、および2つのコーティングガラスの光学的および機械的性質に対するコーティングプロセスの影響に注目している。

Leave A Reply

旧版